日本では,ほとんどの人が感染していない

Hypericum monogynum

流行規模、日本は小さかった? 低い陽性率に第2波懸念
厚生労働省が16日、新型コロナウイルスへの感染歴を調べる抗体検査について、
3都府県の20歳以上の住民計7950人を無作為に選び、6月初旬から検査。陽性と判定された人は、東京は1971人のうち2人、大阪は2970人のうち5人、宮城は3009人のうち1人。陽性率が東京0・10%、大阪0・17%、宮城0・03%だったと発表した。
専門家は、国内では多くの人が抗体をもっていないとみて、「第2波」に向けた対策の必要性を指摘している。
6/16(火) 19:43

抗体検査は,感染してから一定期間たった後に体内にできる抗体を,少量の血液から検出する方法。
5月31日時点で報告されている累積感染者数をもとにした感染率は,東京0・038%,大阪0・02%,宮城0・004%で,いずれも今回の抗体陽性率のほうが高く,検査で拾われていない無症状の感染者が一定程度いるとみられる。海外で報告されている抗体検査の陽性率は,米ニューヨーク州で12%,スペインで5%など。欧米に比べ,日本は大幅に陽性率が低いことになる。社会全体の免疫の獲得状況を確認した結果,感染者がそれだけ少ないということと,もともと日本人は抗体を持っているという考え方や,集団免疫もほぼ否定された。

感染紗の多い海外からのヒトの再流入についても,抵抗力を持たない日本にいる人達の健康を脅かし第2波につながる可能性があるので,まだ時期尚早で,慎重に検討するべきだと思う。

関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

health carenews東京
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました