PR

電子申告した税金をPay-easy(ペイジー)で支払ってみた。

e-Tax 国税のクレジットカード納付にはe-Taxの利用が便利です
今までは,自分で納付書の必要事項を計算して書き込んで,税務署まで行って,税金を支払って…ということをやっていたのだけれど,
税務署まで,この暑いさなかに出かけて,帰ってくる労力と精神力と時間を考えたところで,e-Taxを初めて,納税に使ってみることに

たしかに「便利」ではあるのだけれど,
「楽」ではない程度の,ログイン作業。マイナンバーカードとPC(Windowsマシン)で使えるカードリーダーが必要でした。


【2023安定高速版】 ICカードリーダー 接触型 マイナンバー対応 自動認識 マイナポイント申請 確定申告 icカードリーダーライタ USB接続型 設置不要 ICチップ付いた住民基本台帳カード 国税電子申告 納税システム e-Tax対応 自宅で確定申告 コンパクト Windows/ 7/ 8/ 10/ 11・ Mac OS 10.11.1以上システム対応 1.5mケーブル ブラック 日本語説明書付き(Amazon)

ウェブブラウザもこれに対応したアプリが入っていなかったため,ブラウザを再起動してアプリケーションを立ち上げて,
必要事項を記入して電子申告・申請,その流れのまま,クレジットカードではなくて,Pay-easy(ペイジー)で,税金を支払って,終了。Pay–easy(ペイジー)料金の払込手数料は原則無料。結果的によかったかも。

税務署まで直接出向いて支払う場合は,待ち時間も含めて30分くらいで済むところ,試行錯誤しながらオンラインで支払うところまで約2時間。
一歩も外に出ることなく税金が支払えたのは便利ではあるけれど,来年も同じことをやれと言われたら,また2時間かかっちゃうかもな。
このペイジー「ダイレクト納付」が始まったのが,2023年の2月からだから,これからもっと簡単に便利になっていくことを期待しよう。

関連アイテムby楽天

Microsoftインターネット
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました