Apple Watch SEで見落としがちなポイント

Apple Watch SE
母につけてもらうApple Watchがヨドバシカメラに入荷したというので,とりにいって,開封の儀。

「この箱,よくできてるわねぇ…」と,Apple謹製の「箱」に感激する母。
なんだか,新鮮。
うん,他と違うのは,そういうところからだよね。

で,セットアップ。

落とし穴がいくつか。
自分のApple Watch series 5で慣れているはずなので,簡単にセットアップできると思っていたら,ちょっとはまったポイントが,
「iPhoneのアップデート」。

そう,iPhoneは,iOS 14になったばかりで,最初にアップデートしておくべきでした。
ロスタイム約40分。

Apple Watch SE box open
それから,Apple Watch SEと,Apple Watch Series 5やApple Watch Series 6の違いで,気がつきにくいポイントは,
「常時表示Retinaディスプレイ」
Apple Watch SEは,常時表示ではありません。
ああ,ちょっと見落としていた。まぁ,腕時計をした腕を上げたり,画面を指でタップすれば,画面は表示されるので,最初のApple Watchであれば,それほど違和感はないかも。

それから,付属品ですが,Apple Watch SEには,充電ケーブルは付いていますが,USBの電源アダプターは付いていません。
これも,ちょっとした盲点かな。コストカットしてるなぁと思うのと,通常はiPhoneを持っていることが前提なので,すでにUSB電源アダプターは持ってるでしょ?という割りきりかなと思います。


2ポートUSB充電器
コンセントが1つしかなければ,2ポートUSBの差し込み口が付いていて,旅行にも持ち運べる電源アダプターもあります。

Apple Watch SEは,心拍数のセンサーが光学式のみだったり,チップが違ったり,選べるカラーが違ったり,というのは,まぁしかたがないところですが,

Apple Watch 転倒検出機能

Apple Watch 転倒検出機能


少し離れたところで生活している親に,このApple Watchを付けておいてもらいたい最大のポイントは,この「転倒検出・緊急連絡機能
Apple Watch SEにも,もちろん付いています。

やっと猫の首に鈴を付けられた気分です。
はい。

関連アイテムby楽天

Apple iPhone インターネット ガジェット 健康
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました