「Pocketカードご利用確認」というメールは詐欺かも。再・緊急事態宣言 4日目

Pocket Card フィッシング詐欺

Pocket Card フィッシング詐欺メール

Pocketカードをご利用のお客さま
利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。
つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。
※ご利用確認はこちら
(以下略)

このカードは使ったことがないので,自分にこのメールが届いた時点でフィッシング詐欺メールだということはすぐわかったのですが,弱小(失礼)クレジットカード会社にも,詐欺グループは手を伸ばしていて,奴らの必死さが伝わってきます。

お知らせ ポケットカードを騙るなりすましメールにご注意ください。
と本家でも,ちゃんと警戒して欲しい旨の記事が出ています。

で,気をつけなくてはいけないのが,このWEBサイトのURL。

本家ポケットカードのサイトは,
https://www.pocketcard.co.jp/
で,この詐欺メールのURLは,
https://pocketcard.co.jp.hsfuli.com
なので,「pocketcard.co.jp」は,正しいため,慌ててURLの先頭だけ見てしまうと,正しいURLに思えてしまうというワナ。
でもこのサイトのドメイン名は,hsfuli.comで,pocketcard.co.jpが,サブドメインになっているという仕組み。
で,このhsfuli.comをWhoisで調べてみると,中国で登録されたサイトのようです。登録されたのは約2年前の比較的新しいドメインです。
もうすぐこのドメイン登録の期限が切れるので,それと一緒に逃げ切ろうという魂胆なのかもしれません。

大手クレジットカード会社や銀行のカードを狙った詐欺メールは連日のように届きますが,自分の使っているカードはあまり有名では無いから大丈夫…なんて思わないように,気をつけて下さい。

1月11日の新型コロナウイルス感染症の陽性者数は,
東京:1,219人 比較的数字が少ない月曜日の発表ですら,1200人超え。数字に慣れちゃいけません。
千葉:340人
1月10日に確認された全国の新たな感染者数は,4,877人

関連アイテムby楽天

diary health care RICOH security インターネット 健康
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました