「CHRISTOPHER ROBIN/プーと大人になった僕」観てきたよ。

CHRISTOPHER ROBIN/プーと大人になった僕

映画「プーと大人になった僕」,観てきました。
子供向け映画ではなくて,大人になって子供の心をなくしてしまったヒト向けの,もうちょっと言うと,くまのプーさんで育った人向けの映画です。

「くまのプーさん」を初めて実写映画化と言っても,実写化されているのは人間だけで,プーと仲間達は,ぬいぐるみのままです。ええ,オリジナルのままの,ぬいぐるみ。

ディズニーキャラクター プーと大人になった僕 リアルサイズ ぬいぐるみ くまのプーさん 高さ60cm

【ムービー・マスターピース】『プーと大人になった僕』プー&ピグレット(2体セット)

実際のところ,ファンタジーでぬいぐるみ(もともとぬいぐるみなんだけど)ってのもアリだなと思わせる,いい映画でしたよ。
「プーと大人になった僕」という日本語のタイトルですが,原題は,「CHRISTOPHER ROBIN」
「クリストファー・ロビン」の知名度,低いのかなぁ…。
「クリストファー・ロビン」でいけると思うんですけれどね。

大人になった「クリストファー・ロビン」役を,スター・ウォーズのオビ=ワン・ケノービ役だったユアン・マクレガーがやってます。疲れた大人役にぴったりの配役です。

ブラック企業の社畜になってしまったクリストファー・ロビンは,妻と最愛の娘との故郷での休暇を返上せざるを得ない状況に。疲れ果てて家の前のベンチに座ると,後ろのベンチにプーがいて,さあ大変!という映画です。

もうね,クリストファー・ロビンが,とことん嫌ぁな大人役に徹します。すっかり大人になって変わってしまったクリストファー・ロビンと全く変わっていないくまのプーさんのギャップを見せる部分がちょっと長すぎて痛いくらい。なので,子供向けじゃないと思うけど,故郷の「100エーカーの森」で,楽しかった記憶を取り戻すと,クリストファー・ロビンの風貌も生き生きとしてきます。

クリストファー・ロビンの娘マデリンが森の仲間達と出会うところとか,けっこう笑えるシーンも多く,また,ちょっと涙が出そうになるシーンもあります。字幕版で観ました。日本語吹き替え版は,堺雅人がクリストファー・ロビン役なので,真田丸を思い出しちゃう人は,字幕版で。佐藤恵子さんの字幕がとても良かった。

ホントのオリジナルのA・A・ミルンが書いたくまのプーさん(Winnie-the-Pooh)の実物のぬいぐるみは,ニューヨークの公立図書館に,今もいます。ディズニーがずいぶんと改変を加えたのがわかります。

頑張り過ぎて痛んでるお父さんを誘って,ぜひ,この映画,見に行ってあげてくださいね。

プーと大人になった僕 2019年 カレンダー 卓上 CL-351
by カエレバ

【ムービー・マスターピース】『プーと大人になった僕』プー
by カエレバ

ディズニーキャラクター プーと大人になった僕 リアルサイズ ぬいぐるみ くまのプーさん 高さ60cm
by カエレバ

ディズニーキャラクター プーと大人になった僕 ぬいぐるみ 2S ピグレット 高さ17cm
by カエレバ

ディズニーキャラクター プーと大人になった僕 ぬいぐるみ 2S イーヨー 高さ16cm
by カエレバ

ディズニーキャラクター プーと大人になった僕 ぬいぐるみ 2S ティガー 高さ17cm
by カエレバ

関連アイテムby楽天

Amazon 映画
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました