RICOH GR III,仕様から見る RICOH GR IIとの比較,アドバンテージ

RICOH GR III

RICOH GR III

株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)、リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:高橋忍)は、高画質とスナップシューティングに最適な小型軽量ボディを両立した、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「GR」シリーズの最新モデルとなる「RICOH GR III」の開発を進めています。また、9月26日から9月29日まで、ドイツ・ケルンにて開催される世界最大規模の写真・イメージングの総合見本市「フォトキナ2018」に参考出品いたします。

待ちに待った,RICOH GR IIの後継機,「GR III」の開発が発表されました。
発売予定は,2019年春。

現行機種のGR IIとGR IIIの仕様で新しくなった部分を比較してみます。

レンズ構成:5群7枚(非球面レンズ2枚)から4群6枚(非球面レンズ2枚)

撮像素子:23.7mm × 15.7mmサイズCMOS、総画素数約1690万画素から原色フィルター/CMOS、サイズ:23.5mm×15.6mm 2424万画素
記録画素数は静止画時で,最大4928×3264から6000×4000

手ぶれ補正:「なし」から撮像素子シフト方式 (Shake Reduction)(3軸補正)
ローパスセレクター:「なし」からSRユニットを用いたモアレ低減機能 (オフ、弱、強)
ダストリムーバル:「なし」から超音波振動による撮像素子クリーニング機能(DR II)

撮影距離範囲(レンズ先端から):標準:約0.3m~∞マクロ撮影時:約0.1m~∞から標準:約0.1m~∞、マクロモード:約0.06m~0.12m
AF方式:コントラストAFのみからコントラストAF+像面位相差AFを組み合わせた「ハイブリッド方式」
画像モニター:3.0型 透過型液晶、約123万ドットから3.0型TFTカラーLCD (アスペクト比3:2)、約103.7万ドットで静電容量方式タッチパネルでタッチAFやタッチシャッター搭載
測光モード:ハイライト重点測光が追加
露出補正:静止画撮影時:±4EVから±5EV

デジタルクロップ:クロップ(35mm、47mm)からクロップ(35mm、50mm)

内蔵フラッシュは無くなって,ホットシューのみに変更

インターフェースは,USB-Cタイプで充電可能に。

フォトキナの写真を見ると,背面の露出補正ボタン(キー)が無くなっているように見えるけど,ダイヤルで対応するようになるみたいですね。

記録メディア:内蔵メモリー(約54.0MB),SD/SDHC/SDXC/メモリーカード(SDHC,SDXCはUHS-I規格に対応)から内蔵メモリー(2GB),SDXC/SDHC/SDメモリーカード(UHS-I対応)

で,外形・寸法は,GRIIが, 約117.0(幅)×62.8(高)×34.7(厚)mmで,GRIIIが約109.4(幅)×61.9(高)×33.2(厚)mm
重さは,GR IIが約251g(電池、SDメモリーカード含む)で,GR IIIが約257g(バッテリー、SDメモリーカード含む)
気持ち,ずっしりコンパクトに。幅の8mm減はかなり大きな変更ですね。

新開発のレンズをはじめ,イメージセンサーや画像処理エンジン等の主要デバイスを全て一新。SR,DRが付いて,外形寸法が小さくなっているのは,すごいこと。軍艦部(っていうかトップパネル)もすっきりしていますね。
もう,サイズが発表されているので,現段階で,金型もできているはず。ハード的な仕様はもう変更されないとは思うけれど,GR IIにあって,GR IIIの仕様で見つけられなくて,ちょっと残念に思っているのが,再生時の「斜め補正」。これ,スライドを真正面以外から撮影する時などに,後から,ちゃんとした四角形に戻せるので,とても便利な機能で,ブロガーさんはもちろんのこと,お仕事で四角い外形のパネルやスライドを撮影することがある全ての人にお勧めな機能なので,ぜひ,付けてください。なかったら,ガッカリする。

あ,あとね,外れやすくて,なくしやすい「リングキャップ」も改良して欲しいな。

で,GR IIの外観は,

RICOH GR II

RICOH GR II


こんな感じなので,GR IIのユーザーさんは,GR IIIを買っても,ご家族にバレませんよ(←ここも大きなポイント!)

「GRとは」をとことんまで突き詰めて,キープコンセプトで再登場する究極のスナップシューターGR III。今から,とても楽しみなカメラです。

関連アイテムby楽天

RICOH カメラ ガジェット
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました