『終わりのむこうへ : 廃墟の美術史』松濤美術館

Beyond the End: Ruins in Art History

終わりのむこうへ :廃墟の美術史
Beyond the End: Ruins in Art History
渋谷・松濤美術館
2018年12月8日(土)~2019年1月31日(木)
December 8, 2018-January 31, 2019

松濤美術館

なぜ人々は,流れる時間のなかで滅びた,またはいつか滅びてしまう,遠い昔のあるいは遠い未来の光景に,惹きつけられるのでしょう。

: Temple of Sybil, Tivoli Giovanni Battista Piranesi [Venice, 1720 – Roma, 1778] Beyond the End: Ruins in Art History”>

ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ[ヴェネツィア, 1720年 – ローマ, 1778年]
『ローマの景観』:シビラの神殿、ティヴォリ(背後から)
この作品の複写のみ,撮影可能でした。

The Shoto Museum of Art
館内ツアーも定期的に行われているようなので,建築物としての松濤美術館も雰囲気があって素敵なので,機会があれば参加してみたいな。

で,最初の写真の右側の作品をトリミングしたものがこちら↓

元田久治 《 Indication: Shibuya Center Town》

元田久治 《 Indication: Shibuya Center Town》 2005年 リトグラフ

元田久治作 『Indication: Shibuya Center Town』

渋谷が廃虚に。しかもなんとリアルな!
想像力は未来の廃虚すら構築してしまうんですね。
でも,これ,2005年の頃の渋谷で,今の渋谷とはまた違うところが,パラレルワールドを見ているようで,面白い。

Beyond the End: Ruins in Art History Shibuya
昨日の渋谷。
絵とは違う未来へ。

廃墟の美学 (集英社新書)
廃墟の美学 (集英社新書)

posted with amazlet at 19.01.20
谷川 渥
集英社
売り上げランキング: 285,556
関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

artPanasonic東京
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました