PR

首都圏の鉄道会社が初乗り運賃を値上げ

2023年3月18日 鉄道駅バリアフリー料金 東京メトロ
記事は見ていたけれど,実際に自分で目の当たりにすると,ちょっとビックリするね。
東京メトロの自動改札で今まで表示されていた額が10円値上がっていました。

あれっ?と思ったら,
鉄道駅バリアフリー料金の10円分が加算されて,初乗り運賃が178円になっていました。
紙の切符を買うと,180円
東京メトロは,なんと28年ぶりの値上げだそうです。今まで値上げだと思ってたのは消費税アップに伴う運賃上昇だったようです。

鉄道駅バリアフリー料金の制度で今回運賃を加算したのは,JR東日本(首都圏16線区),東京メトロ,西武鉄道,小田急電鉄,横浜高速鉄道,東武鉄道,相模鉄道,JR東海の8社。今年中に首都圏以外の鉄道会社もこれに続く予定のようです。
増収分は基本的に駅をバリアフリー化する費用に充てられるそうです。
すでにバリアフリー対応が完了している東急電鉄も18日から運賃を値上げしていますが,こちらはバリアフリー対応ではなくて普通の値上げ。

JR東日本は,新しい試みとして,3月18日から平日朝の混み合う時間帯以外に約10%オフで利用できる「オフピーク定期券」の販売と,通常の定期券は1.4%値上げに。
すでにオフピークにJREポイントを加算する仕組みは導入していましたが,今度は定期券そのものの価格も2通りに。
ピーク時にこの「オフピーク定期券」を使うと,通常の料金が引かれてしまうのはちょっと痛いから,定着するかなぁ…。
パンクチュアルなヒトでオフピークに必ず通勤するヒトなら,良いかもね。

2023年3月18日に首都圏で新たに確認された感染者数
栃木:113名
群馬:137名
茨城:133名
埼玉:357名
東京:627名
千葉:289名
神奈川:359名
静岡:169名

全国 7,066名
死者は累計で,7万3477人に。

関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

news東京
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました