Apple Watchのステータスアイコンの意味

pass code input

Apple Watch series 5を使っています。

少し慣れてきたので,また,覚え書き。

Apple Watchをいったん腕から外すと,上のような画面になり,Apple Watchがロックされているのがわかります。
それなりに個人情報やら,Apple Payが使えるデバイスなので,ここはちゃんと厳重になっていますね。

デバイスとして使えないわけではなくて,
locked
このように,上に青い錠前のステータスアイコンと,予定表は表示されず「ロック解除でカレンダーを表示」と出ます。

で,このロックを解くには,ここに,自分が設定したパスワードを入れるか,
ちょっと便利なのが,iPhoneでFaceIDなどで使える状態にすると,Apple Watchの方も,一緒にロックが解除されるという仕組み。

これ,逆もできるようになると良いのにね。
顔にマスクをつけているとiPhone XのFaceIDが効かず,同じようにパスワードを入れないといけないのが,
Apple Watchを使っているときなら,自動的にロック解除されるようになればいいのに。
いや,MacBook Proでも,Apple Watchを腕に付けていれば,自動的にパスワードロック解除できるんだから,iPhoneのロック解除もApple Watchで解除できるようになると,だいぶ楽なんだけどな。

ま,それはさておき,Apple Watchのステータスアイコン,他にもいろいろとApple Watchの状況を伝えてくれることがわかってきました。
released by pass code
これが,ロック解除された状態で,ステータスアイコンのエリアには何も表示されていません。

notify unread
こちらは,通知が届いている状態。文字盤を下にスワイプすると通知を読むことができます。
topic
こんな感じ。それぞれの通知は,画面タップで読むことができます(できないものもアリ)

おやすみモード
こちらは,「おやすみモード」がオンになっている状態。
この状態になっていると,着信や通知があっても,この設定をオフにするまでは,音が鳴ったり画面が点灯したりしなくなります。アラーム音は引き続き鳴ります。

work out
こちらは,ワークアウトの使用中に表示されます。たとえばウォーキングなど「屋外ワークアウト」は自動的に認識されます。
「中止」のボタンを押せば,ワークアウトは終了になります。

connect cancellation
こちらはApple Watch が iPhone に接続されていないときのステータスアイコン。
iPhoneの方が先に充電池が切れてしまったような時,Apple Watchが iPhoneに十分近い位置にない時,または iPhoneで「機内モード」がオンになっている時に表示されます。
iPhoneが再び充電されて,電源が入って,「機内モード」が解除されていて,Apple Watchが近くにあると,自動的にこの表示も消えます。
歩数を稼ぎたい時に,iPhoneの電池が切れても,Apple Watchのほうは,まだ充電がもつので,持っててよかったってなります。

関連アイテムby楽天

Apple iPhone ガジェット
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました