JR東日本の「acure」のドリンク・サブスク「every pass」を始めてみた。

acure every pass 04

JR東日本ウォータービジネスが運営する自販機サブスクのevery passの会員を今年も募集してたので,応募してみました。昨年は500名様の募集でしたが,今年は大幅に増え2,000名に。というわけで,「every pass」当選しちゃいました。
まぁ,無料ではないので,「当選」といってもちょっと微妙なところはありますが,サブスクでオトクに,ドリンクが購入できる権利ということ。

去年の募集では,500人当選のところ,9000人の応募があったので,「サブスク行ける!」ってJR東日本のウォータービジネスも思ったんでしょうね。サブスクの人数制限があるのは,どうしてなんでしょうね。単にプレミアム感を出すため?

このevery passを使うためには,acure passというアプリを事前に入れておく必要があります。
acure pass – エキナカ自販機アプリ 2.7.0(無料)App
カテゴリ: フード/ドリンク, ショッピング
販売元: JR EAST WATER BUSINESS CO.,LTD – JR EAST WATER BUSINESS CO.,LTD.(サイズ: 106.2 MB)
全てのバージョンの評価: (143件の評価)

駅ナカにある「イノベーション自販機」のみで,このアプリが使えます。

acure every pass 05
アプリ内で,クレジットカードを登録。
最初の6カ月は,毎月2480円で,1日1本,このイノベーション自販機の中に入っているドリンクなら,どれでも飲めます。

acure every pass 06
で,サービス規約に同意して,

acure every pass 07
「利用開始」をタップ。

そうそう,このアプリ,ポイントが貯まると,ときどきドリンクのプレゼントが当たったりします。
それがこの画像の2番目のドリンク。

acure innovation vending machine 01
これがイノベーション自販機。
どうせなら,この自販機の中で,一番高いのを…とセコいことを考えて,
acure innovation vending machine 02
自販機のこの部分に,
acure every pass 10
アプリで表示されるQRコードをかざします。

acure innovation vending machine 03
で,190円の特茶をゲット。
通勤日には,必ず自販機の前を通るので,まぁ毎月20日くらいかな。
で,190円×20で3800円が,最初の6カ月は,2480円ってことは,1320円分オトクというわけ。
毎日休みなく駅に行く人なら,5700円相当のドリンクが2480円で飲める。かなりオトクですね。まぁ,駅までの交通費がかかるヒトはあまり意味がないですけれど。

あとは,意外とこの「イノベーション自販機」の置いてある場所がわかりにくいです。
acureのアプリで,近くの自販機を探すことはできるのですが,駅が地下と地上,しかもホームがいくつもあると,行くのが面倒になってしまうことも。
すっと自販機の前まで誘導してくれるような機能がつくといいですね。
あと,「プラスアキュア」の自販機を僕は使うことが多いのですが,そこに入っているドリンクは,こちらのイノベーション自販機には入っていなくて,飲みたいものは,別の自販機に行かなくてはいけない不便さも。イノベーション自販機は,他の自販機と比べてサイズ的にけっこう大きい自販機のように思うので,品数をもっと増やせれば良いですよね。

acure every pass 12
で,一日1回1本のみのサブスクリプションなので,使うと表示がこのように,本日は使用済みとなります。

10月1日からスタートだったのですが,1日は日曜日だったので,すっかり忘れていて,2日からの受け取りスタート。
どうしてもお得感を感じられる価格帯のドリンクに集中しそうな気がしますが,辞めるのはいつでもこのアプリ内でできるので,しばらく使ってみようと思います。

関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

iPhoneインターネットガジェットグルメ
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

  1. […] ンク・サブスク「every pass」を始めてみた。 | まわりぶろぐhttps://mawari.com/blog/2020/10/03/acure-every-pass/ […]

タイトルとURLをコピーしました