iPhoneの「3Dタッチ」が無くなってた!

Haptic Touch

うすうすと感づいてはいましたが,iPhoneの3Dタッチが,iPhone 12 Pro Maxでは,もう無くなってました。

アプリアイコンを少し強めに押すとサブメニューが表示される「3Dタッチ」,たしかiPhone 6Sで大々的に採用された仕組みだったような記憶があるのですが,液晶のガラスを押し割ってしまうヒトが多かったのか?3Dタッチを採用するiPhoneはもうなくなって,3Dタッチではなく長押し(Haptic Touch:触覚タッチ)に流れが変わっていました。
(実際には,3Dタッチを実装するための部品が高価で複雑な仕組みになるため採用されなくなった模様)

旧機種のiPhone Xで試したところ,3DタッチもHapticタッチもどちらも作動してくれます。が,3Dタッチの方が一瞬早く反応してくれます。
長押しだと,タッチと長押しの区別をするための時間が必要なためかもしれません。

3Dタッチがなくなったのは,iPhone 11からなので,まぁそれほど前ではあありませんが,液晶ガラスを押す強さで人間の意思を伝えていたところが,長押しだけのハプティックタッチになったことで起こるのは,アプリアイコンの行方不明トラブル。
Haptic Touch

ええ,iPhoneを持ちながら,ついウトウトしてしまうときに起こるアレです。3Dタッチのみの時代に比べると,増えているような気がするのは,これが原因だったという訳ですね。
うーん,便利になったのか不便になったのかわかりませんが,3Dタッチが搭載されなくなったことで,iPhoneの部品が減って薄くなってより安価になるなら,まぁ仕方がないかな

関連アイテムby楽天

AppleiPhoneRICOHガジェット
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました