オフピークポイントの実績報告

通勤をズラして貯めようオフピークポイント

以前にも取り上げた「オフピークポイント」

この記事の続報で,実績の報告になります。

Suica通勤定期券を使っている人向けに,混雑を避けて通勤すると,地味に,ポイントが付いてくるサービスです。
オフピークポイント 東京駅
事前にJREポイントの登録と,エントリーが必要になりますが,ピーク時間帯の前に自動改札から入場すると15ポイント,ピーク時間帯の後に入場すると20ポイント加算されて,2カ月分ごとにポイントが還元されます。

オフピークの時間帯は,駅によって異なります。
例えば,東京駅は,ピーク前が6:30〜7:30,ピーク後が9:00〜10:00
この時間に改札を通過するとポイントが付きます。

僕の場合は,8月9月分のオフピークポイントが405ポイント,6月7月分は480ポイント,4月5月分は,465ポイントついていました。
ポイントは,Suicaにチャージして使うこともできるし,JREポイントカードを直接,店舗で読み取ってもらってポイント支払いに使うこともできます。

JR 東日本 オフピークポイント 皮算用
ポイントをもらうために,複雑なルールが設定されていることも多いのですが,このオフピークポイントサービスに関しては,一旦設定してしまえば,あとは,いつもの時間がオフピークなら,普通に通勤するだけ。

JREポイントとSuicaの組み合わせが,クレジットカードでは最強な気がしてきました。

問題は,自分が理解していないだけなのですが,Suicaの付いているViewCardをモバイルSuicaとしてiPhoneに取り込む方法がわからない(やったことがない)こと。

実施期間は,2022年3月31日までなので,オフピークに通勤しているヒトは,早めにエントリーした方がオトクです。

2021年10月29日に首都圏で新たに確認された感染者数
茨城:4名
栃木:2名
群馬:15名
東京:24名
埼玉:12名
千葉:7名
神奈川:8名
静岡:2名

全国:292名

関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

AppleiPhoneインターネットコネタ千葉東京
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました