サブスク型ATOK for iOSを使い始めました。

ATOK Passport
というわけで,続報です。


日本語かな漢字変換システムの「ATOK」がiOSに対応したので,これを機に,
MacBook Pro(late 2013)と,Windows機(HP), iPhone 12 Pro Maxのかな漢字変換システムをATOKにしました。

これまでもWindowとMacは,ATOKを使ってきたので,あまり変わった感じはありません。
入力のレスポンスが今までとちょっと違うのが,若干気になる程度です。

iOS版のATOKは,
ATOK PRO keyboard iOS
インストールすると,キーボードが1種類増えて,それを選択して使うという形になります。

ATOK Sync
WindowsとMac機で20年以上培ってきたユーザー辞書もiOSでとうとう使えるようになったので,専門用語がiPhoneで全く問題なく使えるようになったのは,かなり大きいですね。上のように,同期が必要になりますが,
ATOK Syncを有効にする
それほど時間のかかる処理ではありませんでした。

記号の入力については,いままでのiOSのかな漢字変換だと「!」を入れれば,絵文字の「!」と同等なものも入力できたのが,それができないので,やや慣れる必要があるくらいです。もう少し,使い込んでみます。

2021年11月5日に首都圏で新たに確認された感染者数
茨城:1名
栃木:2名
群馬:1名
東京:25名
埼玉:10名
千葉:7名
神奈川:9名
静岡:0名

全国:225名

関連アイテムby楽天

AppleiPhonesoftware
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました