PR

「ゴジラ -1.0」を,IMAXシアターで観てきたよ

Godzilla -1.0
2023年11月3日に公開された日本の怪獣映画「ゴジラ -1.0」を,とくに事前に情報を入手することなく,観てきました。

Godzilla -1.0

山崎貴監督・脚本・VFXによって制作された作品で,戦後すぐの日本を舞台にゴジラと人間の戦いを描いています。
第2次世界大戦で敗戦を喫した日本はそれだけで「0(ゼロ)」からのスタートなのに,ゴジラの襲来で「マイナス」になることからつけられたタイトルのようです
ゴジラシリーズの37作目であり,国産の実写作品としては30作目にあたります。ゴジラの生誕70周年記念作品としても位置づけられています 。

まぁ,多分にご都合主義と言われてもしかたがない部分はあるものの,ストーリーとしてはとてもわかり易く,
Godzilla -1.0
主人公や,まわりの登場人物たちに感情移入しやすい映画でした。

主演は神木隆之介と浜辺美波で,戦争で家族を失った特攻隊くずれの意気地無しな帰還兵の敷島浩一と空襲で親を失った女性・大石典子の役を演じています。他にも山田裕貴、青木崇高、吉岡秀隆、安藤サクラ、佐々木蔵之介など豪華なキャストが出演しています。音楽は佐藤直紀と伊福部昭が担当しています。

Godzilla -1.0
まぁ,エンタメ成分強めのゴジラ映画ですね。

Godzilla -1.0
上映時間は125分でしたが,あっという間の2時間でした。

Godzilla -1.0
日比谷のTOHOシネマズのIMAXシアターで観たのですが,ここで観ると,いつもIMAXなのに画面が小さいなぁと思っています。

Godzilla -1.0
まぁ,実際にはそこまで小さいわけではないのと,最新のIMAXは,明るく,音響のクオリティも高いので,普通の画面で観るよりだいぶ没入感もあると思います。

Godzilla -1.0
で,すっきりして終わるはずだったのに,何々?もしかして「続編あり」?
まぁ,観客を不穏な気持ちにさせるための演出だと思います。

まだ観てないヒトは,あまり難しい事を考えることなく,映像を楽しむことができる映画なので,ぜひ。

関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

映画東京
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました