「渡良瀬橋」の夕日を見てきた。

渡良瀬橋の綺麗な夕日を見てきた

渡良瀬橋の綺麗な夕日を見てきた

先日,足利市の花火大会を見に行ったときに,会場に早く着きすぎたので,まわりをグルッと散歩してみました。
お目当ては,もちろん,渡良瀬川にかかる「渡良瀬橋」

足利市は、渡良瀬川によって南北に分かれています。

渡良瀬橋・足利市周辺マップ

渡良瀬橋・足利市周辺マップ by Google

足利市駅から一番近いのが,鉄骨アーチ構造の「中橋」
花火会場に近いのがかなりしっかりした造りの「田中橋」
で,渡良瀬橋は,足利の駅からも足利市駅からも,ちょっと離れた場所にあります。

渡良瀬橋は,歌手の森高千里が1993年に発表した曲「渡良瀬橋」で有名になりました。

足利市駅の北口を出て,渡良瀬川方面に歩くと,すぐに見えてくるのが,
Nakabashi bridge, Ashikaga City
この中橋。

アーチが綺麗です。

歌にするならこっちかな。

Watarasebashi bridge, Ashikaga City
左側に進むと,よく整備された河畔の公園が広がります。のどかな風景です。
渡良瀬橋も見えてきました。

足利市は,12本の橋で南北をつなげています。
そのうちの一本が渡良瀬橋。

Watarasebashi bridge, Ashikaga City
トラス構造の橋で,わりと質実剛健な感じ。
森高千里の歌には,ちょっとそぐわない感じもします。でも、さっきの「中橋」じゃ、歌詞的にしっくりこないよね。

Watarasebashi bridge, Ashikaga City
橋のたもとにいい具合に神社がありますが,残念ながらこれは,八雲神社ではありません。「女浅間神社」という神社です。
八雲神社は,足利市内にいくつもあるそうです。
また,歌に歌われた八雲神社はそのうちの1つを特定して歌われたものではないとのこと。

Watarasebashi bridge, Ashikaga City
渡良瀬橋を渡ってみましょう。

Watarasebashi bridge, Ashikaga City
歩行者は,片側のみ通行できます。
車もわりと多く通っています。
向こう側に見えるのが,渡良瀬川にかかる,中橋と田中橋。

Watarasebashi bridge, Ashikaga City
ぐるっと一周パノラマ的な動画で。

Watarasebashi bridge, Ashikaga City
夕日にはちょっとまだ早いけど,だいぶ日も傾いてきました。

Watarasebashi bridge, Ashikaga City
渡良瀬橋を,歌を口ずさみながら,渡りきって振り返ってみたところ。

今度は,中橋の方向に戻ってみます。すると,

渡良瀬橋の北側のたもとに設置された『渡良瀬橋の歌碑』がありました。

なるほど,こんなところにあったんですね。

裏側の歩道側に回ってみると

歌詞が歌碑に刻まれています。
花火大会の準備で,コーンが置かれています。


渡良瀬橋と渡良瀬橋の歌碑。
ちょっとグッと来ます。

でもそれだけじゃないんです。

この歌碑,歌が流れるようになっています。

Watarasebashi bridge, Ashikaga City

今度来るときは,北風が冷たくなる頃に,河原に降りたり,八雲神社にお参りしてお祈りしたり,床屋の角にぽつんとある公衆電話も探してみます。

足利の花火大会の記事に続きます。

関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

diaryFUJIFILMX旅行
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました