松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』,食べ比べてみた

チキンカレー戦争勃発と聞いて,吉野家の『チキンスパイシーカレー』を食べたので,

今度は,吉野家のカレーの味を忘れないうちに,松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』を食べてみました。

ごろごろ煮込みチキンカレー

カレーは,いつもの松屋のカレールーです。
そこに,大きめの,鉄板で焼いた鶏もも肉が入っています。

これに味噌汁と,ライス+福神漬けが付いてくる,いつもの松屋のスタイル。

チキンの量と食べ応えは,吉野家の方が勝っていると思います。
鶏肉1つ1つの大きさは,松屋に軍配。

味付けは,吉野家の鶏胸肉にはタンドリーソースがからめてあるので,チキンそのものの味としみこみ方は,吉野家の方が好み。
松屋はカレールーに絶大な人気があるものの,チキンの味つけは,あっさり目で,カレーでチキンを煮込んでいる訳ではなさそう。

ビジュアルは,吉野家の勝ち。
松屋の盛り付けは,お店とスタッフさんにもよるとは思うけど,見た目重視ではないですよね。
どちらかというと味とボリューム優先。

辛さは,松屋の方が辛いです。
松屋の後に残るジーンとした辛さは,辛いのが苦手な人にはちょっとキツイかもなと思うしっかりした辛さとフルーティさは,これはこれで松屋のカレーがヤミツキなヒトにとっては,安定の辛さだと思います。
吉野家のスパイシーカレーの辛さは,全体的なバランス重視で,ヒリヒリする唐辛子系の辛さではなくて,香辛料のスパイシーさがあって,ちょっと辛さが苦手なヒトにも,ぎりぎりイケる万人向けな辛さに整えられています。
ま,好みですけれどね。

で,松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』は,もうすぐ終了だそうですが,松屋のカレーは,カレギュウなどとして残るし,吉野家も定番メニューとして『スパイシーカレー』として残るので,カレー戦争は続くことでしょう。

吉野家のカレーと松屋のカレーの大きな違いは,
fukujinduke pickles
松屋は,カレーが別皿になっていること,福神漬けと味噌汁がついてくること。

吉野家のカレーには,味噌汁が付いてきません。福神漬けも欲しくなる味ですが,付いてきません。
松屋のカレーと味噌汁の組み合わせは,イマイチだと思っているのですが,これが,松屋がカレー専用のスープを開発して味噌汁の代わりに付けるようになったり,味噌汁ではなくて,ラッシーを付けるようになったら,カレー戦争の行方はかなり混沌とすることでしょう。

吉野家と松屋のチキンカレーの食べ比べ,
チキンの味とボリュームが勝敗を分けたと思います。

個人的には,松屋の『チキンスパイシーカレー』に軍配が上がりました。

まだ食べ比べてないヒトは,松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』が期間限定の商品なので,お早めにどうぞ。

関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

RICOH グルメ
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました