マスクと口の間にスペースを作る「アート・マスクフレーム」

mask frame 02
「アート引越センター」の物販事業会社「アートプラス株式会社」が,マスクの内側に取り付けて,スムーズな会話と呼吸を補助する商品「マスクフレーム」を販売しています。5個入り10個入り

この「マスクフレーム」は,マスクと肌との間に立体的なインナーとなり,呼吸でマスクが肌にぺっこん,ぱっこんと張り付くことを防ぎ,さらに口元との間に一定の空間ができるために,マスク装着時の息苦しさや喋りにくさが大幅に緩和されます。

mask frame 01
使い方は,簡単。
マスクの内側に,これを置くだけ。

mask frame 03
ヒダがあるサージカルマスクタイプのマスクなら,このひっかけを

mask frame 05
マスクのヒダにひっかければ,より定位がよくなります。

アート引越センターでは,このマスクフレームを引っ越し作業のスタッフに配布して使用してもらったところ,“引越作業中の息苦しさが軽減した”,“汗ばむことでマスク内が不快になることがなくなった”,“お客さまとの会話もスムーズに行えるようになった”と評判がよかったので,一般にも販売することになったとのこと。

実際に使ってみると,マスクの性能は変わりませんが,口とマスクの間に広い空間が作られるため,圧迫感がなくなって,付け心地は,N95マスクのようなしっかりとした感触になります。喋るのも楽。フレームがポリエチレン製なので,たわみはありますが,若干の硬さがあるので,これを違和感と感じるかどうかかな。女性だと,マスクへの口紅うつりが少ないというのもポイントになりそうです。

アートグループのショッピングサイト「ART shopping」で販売しています。

関連アイテムby楽天

arthealth careコネタ健康
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました