3回目のファイザーを,都庁北展望室ワクチン接種センターで接種してもらいました。

東京都庁舎
なかなか世の中落ち着きませんが,3回目の新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種してもらいました。

ワクチン接種センターはこちら 都庁北展望室
1,2回目は,職場の近くの病院で打てたのですが,3回目は,住居の自治体のやり方に従うということで,せっかくなので,都庁のワクチン接種会場へ。
情報は,検索すると過去のものが引っかかったりするので,Twitterアカウントが便利。

「北展望台」は,最初の写真の向かって,右側のタワーの方。

久しぶりに良い眺めが観られるかな?と思ったら,会場内全て写真撮影・録画禁止。
ま,そうでしょうね。

本人確認,書類の確認,接種するワクチンの種類,接種回数…,なんでそんなに?と思えるくらい何度も確認する関所があって,
でも,まったく待たされたという感覚も無いので,流れるような作業で,かなりそれぞれの部署の人達がそれぞれの作業内容をトレーニングして繰り替えているんだろうなと思いました。
厳重すぎるくらいなので,そういうのがイヤな人は,近くの個人医院でという選択もありかも。
僕は,楽しんでしまいましたので,全く問題ありませんでした。

ひとつだけ。

今回は前2回と違うのが季節。外出時にはモコモコに着込んで出かける人も多いと思いますが、接種してくださる看護師さんは、肩から下が見えているほうが打ちやすいようです。

なので、温かい上着の下は肩と腕を出しやすいTシャツやタンクトップにしておくと、慌てないですみます。会場内は全く寒くありませんでした。

対応してくれるスタッフの皆さんは,若い人が多く,お医者さん,看護師さんも含め,とても穏やかで優しく,みなさん笑顔で接してくれるのも,「ちゃんとしてるな」と感じさせられるし,安心感とか不安感とかも,感じさせないような仕組みを作り上げてるのでしょうね。

Untitled

接種後の観察も15分ほど。用意された待機用スペースに椅子に座って,ぼーっとしている間に,
TOKYOワクションアプリ
登楼すると,さまざまな特典が受けられるという「TOKYOワクションアプリ」のお誘いのチラシが,それぞれの椅子の背中に貼ってあるので,これも簡単に登録。その場でじゃなくても登録できますが,まぁ,記念に。
とりあえず,登録作業が終わると,LINEのスタンプが無料でもらえました。ワクチンを接種したときに使えるスタンプで,こういうの,なかなか無かったですよね。
いやぁ,とにかくシステマティックによくできています。

高齢者が受ける際の,複数回接種・意図しないワクチンブランド接種防止のためか,何度も何度も声出しでの確認があります。
気の短い人は,怒っちゃうだろうなと思うけれど,間違いを起こさないためにはこれくらいやらないといけないんだろうね。
いろいろ勉強になりました。

副反応については,ちょうど24時間経ったところですが,接種した腕の痛みと,身体がややだるい程度で,今までとほぼ同じ。
自分とまわりの人を守るためのワクチン接種ですからね。これくらい,どうってことありません。

2022年1月22日に首都圏で新たに確認された感染者数
栃木:492名
群馬:709名
茨城:639名
埼玉:2,695名
東京:11,227名
千葉:2,296名
神奈川:3,408名
静岡:1,162名

全国:54,576名

関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

diaryhealth care東京
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました