新型コロナワクチン接種後の副反応

カロナール CALONAL tablet acetaminophen

新型コロナワクチン接種後の副反応

新型コロナワクチンは,接種後に,注射した部分の痛み,疲労,だるさ,頭痛,筋肉や関節の痛み,寒気,下痢,発熱等がみられることがあります。
副反応が生じるのは,免疫反応のあらわれと考えられ、きちんと免疫ができている証拠ともいえます。
こうした症状の大部分は,接種後数日以内に回復します。

スポンサーリンク

主な副反応について

 
発現割合症状発現時期持続期間
50%以上接種部位の痛み接種当日約2日
50%以上疲労、頭痛接種翌日約1日
10~50%接種部位の腫れ接種当日約2日
10~50%筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種翌日約1日
1~10%吐き気、嘔吐接種翌日

約2日

自分の場合,接種したのは,ファイザー社のCOVID-19ワクチン『コミナティ筋注』
コミナティはmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンという新しいタイプのワクチンです。
mRNAは数日以内に自然に分解され,ヒトの遺伝情報(DNA)に組み込まれることはありません。
また,その情報が長期に残ったり,精子や卵子の遺伝情報に取り込まれることはありません。

1回目:接種部位の引きつるような痛みと,接種部位の軽い腫れ
2回目:接種部位を含む,1回目よりやや広い範囲の痛みと,腫れ,接種24時間後からの約0.5度の体温上昇,50時間後に接種部位の痒み
注射針の刺入時の痛みは,1回目はやや痛く,2回目は,いつ打ったの?というくらい痛みはありませんでした。
アセトアミノフェンの痛み止めは用意しておきましたが,日常生活に支障が出ることはなかったので,服用はしませんでした。

僕の場合の副反応は,上述したように,とても軽い方ではないかと思いますが,重い副反応が心配なヒトもいるかと思いますが,全てのヒトに重い反応が出るわけではないので,心配しすぎないようにして下さい。

薬や食物が身体に入ってから,短時間(通常30分以内)で起きることのある重いアレルギー反応「アナフィラキシーショック」は,
国内での接種6,112,406回のうち、国際的な評価指標でアナフィラキシーに該当したのは146件で、約41,900回に1件の割合とのこと。

このワクチン『コミナティ』の有効性は非常に高く,発症予防効果が約95%とされています。

2021年6月21日に新たに確認された感染者数
緊急事態宣言地域
沖縄:33名

まん延防止等重点措置
北海道:37名
埼玉:53名
千葉:85名
東京:236名
神奈川:135名
愛知:35名
京都:1名
大阪:42名
兵庫:14名
福岡:17名

全国:868名

関連アイテムby楽天

health care健康
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

  1. 丁稚 より:

    副反応がとても軽くて何よりでしたね。そこが一番心配するところですから。そういった意味でも貴重な情報共有、ありがとうございました。私はいつ打てるか分かりませんが、不安な気持ちが軽くなりました。

    • HAMACHI! より:

      丁稚さん,コメントありがとうございます!
      肩すかしなくらい,楽だったのは,まぁ歳もあるのかもしれませんが,それなりの反応もあったので,免疫的には働いてくれているような気がします。楽で,ラッキーでした。なんとか,早く接種してもらえますように。

タイトルとURLをコピーしました