新富町「坦々麺 一龍」で「名物冷やし担々麺」

坦々麺 一龍 "one dragon"

担々麺専門店の「坦々麺 一龍」が新富町にもできたと聞いたので,行ってみました。
「にも」と書いたのは,本店は浅草にあるらしいのですが,その本店もオープンしたのは,この6月とのこと。新富町の「一龍」は2号店。勢いあるね。

もともと担々麺は,担いで売っていたから担々麺という名前がついたという由来なのですが,この「一龍」は,敢えて間違いとされる「坦」の字を店名に採用しています。「坦」の字の意味は,「平坦」という言葉もあるように,心を穏やかにするという意味があるので,「心をおだやかにして料理に接していきたい」という思いから,「坦々麺 一龍」となったとのこと。

まぁ,夏なので,冷やしの担々麺が目に入ったら食べてみるようにしているのですが,この「一龍」は,担々麺専門店なので,かなり期待しちゃいます。

カウンターテーブルの奥に券売機があるので,「名物冷やし担々麺」1,000円と,〆のライスのつもりで「ライス」100円を購入。
さらに奥にはまだ席があるようですが,このお店のレイアウト,ちょっと面白いですね。

flavor water with rosemary
冷たい水が置かれているのですが,中にローズマリーなどが入ったフレーバーウォーターになっているのは,ちょっとオシャレで,ホスピタリティを感じます。

名物冷やし担々麺
ほどなくして,「名物冷やし担々麺」が着丼。

冷やしの坦々麺で,丼がここまで深いのはなかなかないですね。
スープだけでも相当なボリュームがあります。

見た目も美しくて,「よく混ぜてお召し上がり下さい」の声がけも,ちょっともったいなく思えるほど。
chilled dandan noodle
あみ海老がたっぷり乗せられていて,その向こうに肉味噌。どちらかというと,海老の方がメインなのかなというビジュアル。

混ぜる前にスープを一口。
濃厚でクリーミー,ゴマと辣油の香りの立ち上がりが速いですね。
これは美味しい。で,海老の旨味と香りが後味として残る感じ。

noodles
麺は,細めのちぢれ麺で,スープもよく絡みます。ツルツルと歯ごたえも良好。
そう,あみ海老の食感も加わるので,これはユニークな坦々麺ですね。

この「名物冷やし担々麺」は,夏だけなのですか?と聞いたところ,年中無休で季節に関係なくやっていますとのこと。
テーブルには,香りと味を調整するための「特選辣油」と「山椒」が置かれています。
デフォルトの辛さは,それほど辛くないので,辛いのが好みのヒトは辣油で調整する感じかな。
僕には,ちょうど良い辛さと若干の痺れ,好みのタイプです。

with rice for finalize
ライスは,リゾットのように丼の方に入れても,ライスをレンゲですくって,スープをくぐらせてもOK。
替え玉という手もあったかなとは思いつつも,〆のライス派なので,この組み合わせで,満足でした。

今度は,汁なしの担々麺にしてみようっと。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:担々麺 | 新富町駅八丁堀駅宝町駅

2021年8月14日に新たに確認された感染者数
緊急事態宣言地域
東京:5,095名
沖縄:752名
埼玉:1,800名
千葉:1,272名
神奈川:2,356名
大阪:1,828名

まん延防止等重点措置
北海道:479名
石川:86名
京都:378名
兵庫:628名
福岡:890名
福島:125名
茨城:391名
栃木:195名
群馬:218名
静岡:318名
愛知:698名
滋賀:179名
熊本:192名

全国:20,151名

関連アイテムby楽天

気になる宿泊施設

foodieRICOHグルメ東京
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました