バットマンは出てこないけれど。「ジョーカー」

映画『ジョーカー』

映画『ジョーカー』JOKER

映画『ジョーカー(JOKER)』を観てきました。

これから観に行こうと思っているヒトは,少なくとも「ゴッサム・シティが映画『バットマン』に出てくる架空の都市」だということは知っておいた方が良いですよ。
この映画単体で観ても,面白いかも知れませんが,バットマン登場のストーリーを知っているかいないかで,ストーリーの面白さが全く変わってきます。

本作品は,DCコミックスの『バットマン』に登場する最強の悪役「ジョーカー」が誕生した経緯を描く作品で,バットマンそのものは出てきませんが,なるほど,そこでつながるんだと,ちょっとドキドキする場面が何カ所か,あります。

さて,この映画,評価が高いのですが,みんな初期のバットマン映画を知っているわけではないはずなので,きっとオジサン,オバサン世代が高評価をつけているのではないかと想像します。

ジョーカーといえば,ティム・バートン版の『バットマン』(1989)でジャック・ニコルソンが演じたちょっとユーモラスな面もあるジョーカー,
クリストファー・ノーラン版の『バットマン』の『ダークナイト』(2008)では,この映画の役作りで魂を削られてしまって命を落としたとまで言われる故ヒース・レジャーが演じた極悪非道かつ冷静沈着で完璧なジョーカー
そして,今回のトッド・フィリップス版『ジョーカー』では,ホアキン・フェニックス(Joaquin Phoenix)を主演に迎えた本作となります。あ,ホアキン・フェニックスのお兄さんは,ドラッグで命を落としたリバー・フェニックスです。ああ,なんだかいろいろつながってそうですね。

ジョーカーの誕生譚は,これまで作品として語られることはなかったので,どうしてもそこを描かれると,「正義対悪」のストーリーにはならず,「彼がジョーカーになるのもしかたないよね」と思えるようになりますが,ま,これは,「盗人にも三分の理」みたいなもので,暴力や殺人を肯定するものではあります。映画に影響されてしまう人が少なからずいるようで,日本ではR15+指定の映画になっています。
かなり重い映画なので,まぁ,たしかにそのあたり,アカデミー賞を狙える映画なのかもしれません。

ホアキン・フェニックス演ずる「ジョーカー」は,ジョーカーになるべくしてなったというよりは,ならざるをえなかったストーリー展開で,本当のこと,偽のこと,妄想など,かなり見る側も試される映画になっています。
富裕層対貧困層の対立や格差社会を皮肉る意図もあったのではと思います。
「ジョーカーは,可哀想な男」…だけじゃない描写もあり,あそこまでやれば逆にかなり大成功なのでは。

この映画から学んだ教訓があるとすれば,
「人には優しく」ですね。

観た後,重く暗ーい余韻が味わえるので,デートには向かない映画です,ご注意を。

関連アイテムby楽天

映画
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました