新しいMacBook Pro 16インチモデルのウワサ

Apple Event on October 19th
まぁ,ほぼ決定なのだろうけれど,公式にはまだ何が発表されるかわからないAppleのスペシャルイベントの「Unleashed.」が,10月19日の未明に開催されます。

で,モノは,
プロセッサーにはインテル製チップではなく新しいAppleシリコンM1X搭載の新型14インチおよび16インチMacBook Pro,AirPods(第3世代)が発表される予定なのではというウワサ。

詳細は,もちろんまだ明らかにはされていませんが,
すでに13インチモデルのMacBook ProがM1チップ搭載で販売されているので,MacBook Proの16インチモデルもアップル謹製のチップを搭載してくるのは間違いないでしょう。
M1Xチップの他に,ミニLEDディスプレイ,充電端子がMagSafeに変更,Touch Barは廃止,SDカードスロットとHDMI端子を搭載しているとのウワサ。

MacBook Proの15インチモデルは,これまで何度か買い換えたいと思ったタイミングはあったのですが,
2014年:Retinaディスプレイモデルマイナーアップデート
2015年:Retinaディスプレイモデルアップデート。感圧タッチトラックパッドを採用
2016年:筐体を刷新し小型化軽量化と薄型化を進め,DCI-P3準拠の広色域ディスプレイを搭載したSkylakeマイクロアーキテクチャの15インチのMacBook Proを発表。この時にTouch BarとTouch IDが装備。I/Oポートは,Thunderbolt 3のみへと変更,起動音がデフォルトでオフ,液晶背面のAppleマークのディスプレイバックライト透過での点灯が廃止。15.4″モデルのディスプレイは 光沢IPS液晶, 2880 × 1800
2017年:Kaby Lakeマイクロアーキテクチャへ更新。15.4″モデルのディスプレイは 光沢IPS液晶, 2880 × 1800
2018年:Coffee Lakeマイクロアーキテクチャへ更新し,Apple T2チップ搭載,酷評されたシリコーン膜を利用した第3世代のバタフライ構造キーボード採用。15.4″モデルのディスプレイは光沢IPS液晶, 2880 × 1800,
2019年:Coffee Lake Refreshマイクロアーキテクチャの8コア Core i9を含めた機種へ更新し,Apple T2チップを搭載,キーボードスイッチの素材を改良する。
2019年11月14日:物理ESCキーや逆T字レイアウトの方向キーを採用した新しいシザー構造のバックライトMagic Keyboardを搭載しディスプレイが16インチ(16.0″, 光沢IPS液晶, 3072 × 1920)に。

当方のMacBook Proは,MacBook Pro (Retina(15.4″, 光沢IPS液晶, 2880 × 1800), 15-inch, Late 2013)
なので,約8年物。Retinaディスプレイモデルは,Mid 2012〜Early/Mid 2015
肝心のキーボードの不具合が,MacBook Pro 2016, 2017, 2018, 2019で発生していたため,買い控えていたというわけ。
ウワサが本当なら,Touch Barには触れることなく終了してしまうことに。

新しいMacBook Proが出てきてくれるのであれば,充電池が膨らみ始めて,キーボードやタッチパッドの操作が怪しくなったMacBook Proをやっと最新モデル買い換えることができます。
これまでの慣例では,イベント後すぐに予約,販売開始されることが多かったのですが,コロナ感染症の影響で各種電子パーツの製造の遅れが,他のメーカーにも影響しているので,MacBook Proの発売日も遅れる可能性がありそうです。

2021年10月14日に首都圏で新たに確認された感染者数
茨城:5名
栃木:5名
群馬:3名
東京:62名
埼玉:35名
千葉:19名
神奈川:52名
静岡:2名

全国:619名

関連アイテムby楽天

Appleガジェット
スポンサーリンク
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました