是枝裕和監督作品「万引き家族」,観てきた。

万引き家族

第71回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを獲得した是枝裕和監督作品の「万引き家族」を観てきました。

淡々と家族の日常が描かれます。
家族の収入源はおばあちゃんの初枝(樹木希林)の年金と,治(リリー・フランキー)と祥太(城桧吏)が親子で手がける「万引き」。冬の寒い夜,近所の団地の廊下に幼い女の子「ゆり」(佐々木みゆ)が震えているのを見かねた治が連れて帰る。

軽くネタバレありで,続きます。

いつかは壊れることがわかっている現実。
そしてやはり,徐々に崩れていく偽りの家族。

血がつながっているのが家族?
子供が産まれたら家族?
いろいろな疑問がぶつけられます。

映画のストーリーが進んでいくとともに,個々のキャラクターの過去が明らかになります。
ああ,そういうことだったのか。
わかったところで,解決にはならないし,この「家族」が再び家族として暮らすことは,理想なのだろうけれど,許されないこと。
世間的には「悪」なんだろうけれど,この家族には「正義」がある。そちら側からの視点で見ることができるのが新鮮。

苦しく儚い家族だけど,どこか温かくて家族らしい家族。
良い映画かどうかは判断が難しいけれど,観た後にいろいろと残る映画です。

万引き家族【映画小説化作品】
by カエレバ

関連アイテムby楽天

映画 未分類
HAMACHI!をフォローする
まわりぶろぐ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました